こんにちは。

9歳(小4)、5歳(年長)、3歳の男子3兄弟に夫とほぼ男子校な日々を綴っているポンコツ母さん、tomekkoです。

 

Twitterで知ったシオリーヌさん(@shiori_mw) の著書『こどもジェンダー』をこどもたちと読んだんですが、めちゃめちゃ良かった!!

こどもジェンダー
シオリーヌ(大貫詩織)
ワニブックス
2021-05-21




というわけで文章いっぱいになっちゃいましたが感想を語らせてくださいませ。

367DF98C-D369-47B4-920C-FD1AB92BA9D5
寝る前の時間に毎日少しずつ読み聞かせていました。

あまり興味を示さないかと予想していたんですが、長男、次男は思ってた以上にすごく食いついてきた!

構成がとてもよくて

具体的なエピソードを一つ一つ挙げながら

「こんなこと言われたんだけどどう思う?」「こう思うんだけどどうしたらいいかな?」

と問いかける形になっているので、子どもたちがとても意見を言いやすい。
これ、学校で使ったらすごくいい話し合いができるんじゃないかな。

例えば長男は、「赤いランドセルがいいんだけど男の子はダメなのかなぁ?」という男の子の問いかけにすかさず

BF7BFD81-8F77-47C3-A828-375670861914

と自分の意見を言ってくれました。

そう、実際長男はランドセル選びのときに赤がいいとキッパリ言い切っていたんです。
戦隊ヒーローのセンターは赤と決まっているし、カーズも好きだったから赤はカッコイイ色という認識があったようです。

ただ、当時探したメーカーのランドセルの赤には明らかに女の子向けしか想定していないハートやお花のステッチが入っていたり、中のデザインもプリンセスっぽいものだったりしていて、ワタシと夫はなんやかんや理由をつけて、別の色に誘導してしまったんです。


ワタシたち、夫婦でジェンダーバイアスをかけないことについて意見は一致していて、3人とももし性自認が体と違っていたとしても、後々改名しなくていい中性的な名前をつけています。

育児でも「男の子なんだから」は絶対に言わないようにしていて、まぁまぁ時代に則していると自覚していたんですが…


これが、長男が明らかに女の子になりたい傾向が見えていたなら、赤いランドセルを容認できていただろうか?


うーん…正直自信無いなぁ…

できるだけ本人の好みを尊重してあげたいけれど、どうしても学校でいじめられるのでは?からかわれるのでは?

と心配してしまって、やっぱり無難な色を勧めてしまっただろうな。

結局色がどうかというよりも、社会の反応を気にしてしまったワタシたち。

子どもの好きを安易に尊重した結果子ども自身が生きづらくなるきっかけになってしまったら後悔するだろう、と思ってしまった。


ランドセル(そもそもその必要性も問われていますが)の色に男の子、女の子向けという縛りの無いラインナップになったらいいな、というのもあるけど、何より子どもたち自身が

『どんな色でも自分が好きならいいじゃない!』

と思えるように意識して声がけしたり、大人が率先してその考えを周りの大人にも子どもにも示していく努力をすべきだったな。難しけれど。うん。反省。


一方次男は、結構周りのお友達から?なのか、ジェンダーバイアスがかかっちゃってて心配していたんですが。
D236793E-B53B-44A1-88CF-0D06CC8F5C0C

実は結構女の子たちがしているお人形やおままごと遊びにも興味を持って参加していたりするようで。

男ばかりで群れているわけでもなく、女の子をバカにしたりもしていないようで少し安心しました。

ただ、次男は本音とは別に多数派の意見を気にして合わせにいくところがあるので、ちょっとこの先思春期に向けて心配かな…

だからこそ、この子たちが成長していく環境から早くジェンダーバイアスを剥がしていきたいな…とつくづく思いました。


エピソードごとにいろんな意見が出てきて、今の子どもたち自身は大人が心配しているよりもずっと、『人それぞれの自分らしさ』を受け入れる下地はできているのが目に見えてちょっとホッとしつつ。

A242599C-EC9A-4A9C-8B95-2C20CCC466D4

口が重い長男、自分からは学校でこんなことがあって、こんなこと言う子がいて、とか具体的なことは言わないんですが、読んでいて何かしら思い当たるエピソードはあったんでしょう。

あまり本を読むタイプじゃない長男が、一人で静かに読んでいる背中には、ちょっと声をかけづらいような雰囲気がありました。

本人の悩みにしろ、周りで見聞きしたやり取りにしろ、そこに本人が感じた違和感があったなら考えるきっかけになっていたらいいな。

この本、ぜひぜひ小学校の図書室に置いてもらいたい。リクエストできるのかなぁ。してみようかなぁ。

長くなってしまったので、次回、男の子3人を育てる上で今まで読んでみて参考になったジェンダーや性教育の本たちを紹介してみたいと思います。

性教育の話をじっくり描いた連載はこちら


<お知らせ>

『ワーママたちのRe:START』(月1回更新)

8月21日に7話『新たな一歩』が公開されました。

仕事の責任を全うできず、子どもや家族との充実にも悩み疲れた令子は退職を決意。
子どもとの時間を取り戻しよかったと思う一方、時々襲ってくるのは不完全燃焼感。

夫の和昭は、職場でワーママと独身社員の溝を目の当たりにして少し令子の気持ちにも思いを馳せ…?
そしていつもなら夜飲み会で開催している大学のサークル同期会がなぜかランチ会になったのを不思議に思いながらお店に着くと、そこに広がる光景に言葉を失います。

果たして和昭の心境に変化はあるのでしょうか?

続きはこちらからお読みいただけます。



7BD93E61-8F13-4345-9193-A69AF9B646D1

登場人物とストーリーはこちら
 


こちらはおやこ関係を考える漫画。完結済みです。
お時間のある時に1話から読んでみてください。

D0E6D79B-D39D-486A-9FC5-713DD819D96B




このお話を描くにあたっての思い↓




そして突然ですが夏が来る前にカブトムシ戦国漫画、お手元にいかがでしょうか?


飛んで火に入る (モーニング KC) [ tomekko ]
飛んで火に入る (モーニング KC) [ tomekko ]

1話試し読みはこちらから
 

コミックDAYSで1話ごとでもお読みいただけます。
 

 
ダンゴムシのふとももさんLINEスタンプもぜひ使ってやってください!

 

Twitterもやってます
52614E5F-DFD5-4AD8-9748-1807C85DA2D8

インスタグラムはこちら

LINEで更新通知が受け取れます




LINEスタンプ