こんにちは。

10歳(小4)、5歳(年長)、3歳の男子3兄弟に夫とほぼ男子校な日々を綴っているポンコツ母さん、tomekkoです。

 


扇の代わりにマスク生活だったら?の妄想源氏物語シリーズ。
前回は派手好みのプレイボーイ、パリピ頭中将。



最近鎌倉殿の方にハマってしまって描けてなかった。

頭の中将の次は玉鬘・・・と思っていたけど、なんかイメージがつきにくくてちょっと難しかったので
今回は紫の上の源氏との出会いの場面(でマスクをしていたなら)

24E3B0F0-A511-4404-954D-84F93C305574

原文だと

白き衣、山吹などのなれたるを着て

とあります。

なれた、というのは何度も着て馴染んだ柔らかい生地のこと。

これ最初読んだ時に『なれた』着物の感触を思い描いて子どもらしくていいなぁ…と思ったのでした。

というのも、平安時代の絵を見ると分かると思うんですが、妙にカクカクしてません?

3D3BF373-8A1A-4C6E-81CF-A0211973A260

百人一首とかでもよく見るやつね。

これは平安後期になるほど流行っていった「強装束」(こわしょうぞく)と言って糊をしっかりつけて生地に張りを出したものなんですよね。

でも源氏物語の頃にはまだそこまでではなかったし、ましてや幼い子が日常に着るものなのできっと柔らかく「なれた」生地だったんだろうなぁ…

と、気持ちの良い衣の感触まで想像するあたりがオタク。。。


というわけできっとマスクも尼君が縫ってくれた布マスクを何度も洗って使っているうちにほわほわに柔らかくなったのを着けていることでしょう。

そしてこんな何も知らない清らかな子を拐ってく光源氏…今なら犯罪ですね。。。
(ていうか物語の中でだってお父さん怒ってたよね)(そんなんばっかり)

長じて、こんな人になる、と。



紫の上って幸せだったのかなぁ。。。


って定期的に考え込んでしまいます。

現代の感覚で見るとどうしても花散里が一番幸せ者って感じがするのよね。わかります?


 マスク源氏物語シリーズ一覧はこちらから↓
 


着物と服飾史のアカウント
 

 

<お知らせ>
『ワーママたちのRe:START』(月1回更新)

3月1日に13話『当事者意識』が公開されました。

ワーママたちのリスタート13話_出力_002

ワーママたちのリスタート13話_出力_003

ワーママたちのリスタート13話_出力_005

ワーママたちのリスタート13話_出力_006

ワーママたちのリスタート13話_出力_007


コロナ禍で変わってきたいろいろな仕事を取材し、これからの働き方への課題や提案をし続ける令子の記事に刺激を受け、夫和昭の心境にも良い変化が表れています。

そんな折、久々に現れた義母(和昭の母)の令子へのイヤミに、和昭は…

続きはこちらからご覧ください。

 

7BD93E61-8F13-4345-9193-A69AF9B646D1

登場人物とストーリーはこちら
 


『3兄弟母、ときどき着物』

今回は着物からちょっと離れて、ひな祭りに合わせて調べてみた、『桃』にまつわるお話。

桃太郎って、実はめっちゃ深いんですねーーー!!目から鱗でした!!




【陽のあたるおやこ】

こちらはおやこ関係を考える漫画。完結済みです。
お時間のある時に1話から読んでみてください。

D0E6D79B-D39D-486A-9FC5-713DD819D96B




このお話を描くにあたっての思い↓




そして突然ですが夏が来る前にカブトムシ戦国漫画、お手元にいかがでしょうか?


飛んで火に入る (モーニング KC) [ tomekko ]
飛んで火に入る (モーニング KC) [ tomekko ]

1話試し読みはこちらから
 

コミックDAYSで1話ごとでもお読みいただけます。
 

 
ダンゴムシのふとももさんLINEスタンプもぜひ使ってやってください!

 

Twitterもやってます
52614E5F-DFD5-4AD8-9748-1807C85DA2D8

インスタグラムはこちら

LINEで更新通知が受け取れます




LINEスタンプ