livedoorBlog 公式ブロガー

男だらけ3兄弟育児のドタバタだけど愛しい日々や、ポンコツ母tomekkoの好きなものを詰め込んだ宝箱です。

2019/09

 

こんにちは、tomekkoです。

 

普段はInstagramで

育児絵日記を描いています。

 家族紹介はコチラ

 

 

『AERA with Kids 2019年秋号』

が発売されました!



 

今回、ワタシの連載

『脱・カンペキ親修行』のテーマは

 

ズバリ

”性教育”‼

 

目から出た鱗が魚一匹分くらいには

なるんじゃないだろうか

 

ってくらい、この歳にして多くの新しいことを

教えてもらい、いろいろ考えさせられました。

 

今回の連載は

 

本当に本当に

1人でも多くの方に読んでもらいたいです。



 

初めて4コマを載せたりして

明るく楽しく描かせていただいてますが

”性教育”という言葉に

重さを感じている方にこそ

 

ぜひこの軽いタッチの連載が

後押しになってくれることを

願っています。

 

 

正直男子三兄弟の我が家

 

これまで、おそらく女の子の親ほどは

性教育の必要性や大切さは

重く考えていなくて

 

なんなら

男の子の性教育は

父親の仕事でしょ!

 

と思ってました。

 

でも、実はこのテーマを決める

きっかけにもなったんですが

 

インスタで昔からフォローしている

いまじんこさんの、

幼少期の性被害の投稿を読んで

 

その経験からいまじんこさんご自身も

男の子2人だけど

 

小さいうちからしっかりと

触ったり見せていい場所、いけない場所

など伝えていることを知り

 

わが家、これでいいのだろうか

 

とふと気になったんですよね。

 

そこで担当さんと打ち合わせをしてみると

出るわ出るわ

 

スマホ・ネットが当たり前の

現代の子に合った性教育の必要性

 

過激な情報に触れる機会の低年齢化

 

正しい教育を受けていないせいで

うっかり加害者になっている子どもたち

 

・・・

 

男だから、女だから

じゃなく

 

年齢も、できるだけピュアな

小さいうちから

 

正しい知識を身につけさせてあげることで

 

わが子を加害者にも被害者にもしない

 

親が持たせてあげられる

大切なお守りになる

 

そんな気づきを得ながら

わが家で実践してみた様子など。

 

そして、最後のコラム(ひとりごと)も

ぜひ読んでください。

 

夫婦で、親子で

考えたり話したりする

ポジティブなきっかけになれますように。

 

今回取材させていただいたのは

『とにかく明るい性教育「パンツの教室」協会』代表の

のじまなみさん




 

こちらのご著書を参考に

対面でも取材させていただいたんですが

 

言いにくいこと、聞きにくい話も

サバサバと明るくざっくばらんに

お話しされる様子が印象的でした。

 

家庭内がこのくらいオープンになると

大切な話も気楽に伝えやすくなるんだろうなぁ。

 

 

上記ネット通販やお近くの書店等で

ぜひお手に取ってみてください。

 

 

ちなみにこの連載を始める

きっかけになったエピソードはコチラ

『子どもと一緒に育ちたいアラフォー母さん』

 





 

模擬時計とおしたくボードの発案者

親野智可等先生のメルマガはコチラ

http://www.oyaryoku.jp/

 

 

 

 

こんな方(ホントわが子の担任になってほしい)

 

今一番大切だと言われている

子どもの自己肯定感を高めていくための

関わり方や声のかけ方など

ためになる情報が届いて

毎回激しく頷きながら読んでます。

 

 
これまでの連載が載っている
バックナンバーはこちら
ニイチャンズの絵日記が本になりました。
 
↓読者登録していただけたら嬉しいです♪↓
 
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Instagramでは

3兄弟の何気ない日々を

絵日記につづっています。

 

  LINEスタンプは3種類↓
{F287E435-D3F7-4256-869C-EA124DCAA816}
 
連載はコチラ↓↓↓
 
虫嫌いの男子母のための
妄想カブトムシ漫画
『飛んで火に入る』(Dモーニング/講談社)
9/26号より公開
 
『AERA with Kids』(朝日新聞出版)にて
「脱・カンペキ親修行」連載中

 
 
Web連載