livedoorBlog 公式ブロガー

男だらけ3兄弟育児のドタバタだけど愛しい日々や、ポンコツ母tomekkoの好きなものを詰め込んだ宝箱です。

創作劇場

ポンコツシリーズの途中ですが、どうしても描きたかったのでちょっと箸休め。


ここから先は平安/源氏物語オタクにしか伝わらないかもしれません。
あしからず。


先日Twitterに流れてきた、この先の価値観の話が印象的で。


たしかに、世界中全ての人が日常的にマスクをするのが当たり前になったら美意識やエロの定義までが変わってきそうですよね。

鼻先や唇がちらりと見えたらちょ‼︎エッロ‼︎みたいな。

マスクの下は「この人となら密になってもいい」と思える本当に愛する人にしか見せないものなのよって子どもに教育してたりして…

そしてすぐさまこんなのが頭に浮かんできた平安オタク。

名付けて『マスク源氏物語』

F0415FB5-DE13-43A2-800F-7EA6F2F05B72
80B1A218-386C-455C-B49D-C8B1FCC81F39

たぶん精神年齢低めの女三の宮はきっとゆるふわアニメ柄の布マスクとかして女房から嗜められてる。
そして下賤のものしかしないようなスケバン風着用(あごまでマスクを下ろして口元を剥き出しにするなど)も気にせずしてしまい、うかつに顔を見られてしまう。

0A1EF1F0-76EC-417E-A6F8-9C9130745F6F

扇じゃなくてマスクの交換だとしたら不衛生すぎてズバズバ言う系朧月夜にはフラれると思う。
でもそうなると恋が発展しなくて、光源氏は島流しにも合わず明石の上にも出会えない。

…ん?いいじゃん!平和じゃん‼︎(紫の上推し)

DEED632E-65BF-4B87-8198-C623136A614A

空蝉は薄衣ではなくマスクをはらりと落として逃げていくのかな。
いや寝てる時には着けてないか。

他にも、六条御息所はマスクにスワトウ刺繍とかして高貴さと趣味の高さをアピールしてるんだろうな、とか。

逆に夕顔は生成りの布マスクを何度も洗ってちょっと縮んだやつを丁寧に伸ばして使ってそうだな、とか。

光源氏が紫の上と一緒にそれぞれの女人たちの着物を選ぶ代わりにマスクの生地とか柄を選ぶのかな、とか。


憂鬱なニュースばかり、せっかくのGWも外出自粛でお出かけもできず気が滅入るけど、ちょっとそんなアホらしい妄想で気を紛らわせているワタシです。


時代オタクが息子たちの飼ってるカブトムシを妄想力で美化して描いた漫画は現在単行本化作業中。
6月の予定がコロナの影響で7月になってしまいました…これ以上延期にならないといいなぁ(季節ものなので)
6CC3E57B-D783-402C-AD7B-E103BECD7EF7

こちら現在連載は終了しているため読めませんが、このお話の元になった絵日記の合間に描いていたスピンオフ企画はこちらで読めます。

カブクワ太平記


今年もリアルに9匹の幼虫さんたちがベランダ待機中ですが…どんな物語ができるかな〜?


インスタグラムはこちら


LINEで更新通知が受け取れます



 
 

 

兄弟の絵日記が本になりました。

 

 

 

 ☆

 

こんにちは。tomekkoです。

 

平成最後の夏もとっくに終わって

あっという間に9月中旬になろうとしてますが

 

インスタで夏のお楽しみ(ワタシの)として

描いていた趣味の漫画がありまして

 

それが

 

『カブクワ太平記』

 

 

 

オタクな臭いがプンプンしますね?

 

そうです、

着物好き

時代劇好き

日本史好き

 

なワタシの完全趣味&妄想劇場です。

 

ただし

 

コレは全てわが家の虫の話

というところが肝。

 

男子母なのに虫嫌い。

甲虫ならなんとか大丈夫だけど

どうしても腹側は直視できない

 

とはいえわが家は男子三人

 

昆虫とのお付き合いは避けられません。

 

というわけで

虫とひとつ屋根の下で寝起きしている

という身の毛のよだつような現実を

そっと忘れるために

 

わが家で生活している虫たちを

擬人化して

 

主に夫や長男から聞いた事実に

大幅な脚色をして

妄想劇場化して夏を乗り切る企画です。

 

兜・鍬形なので

戦国時代風に(でも時代は錯綜しまくり)

舞台設定しております。

 

昨年ちょこちょこ描いて出してみたら

案外固定ファンがついてくれたので

 

今年も遅ればせながら

ちまちま描いていきます。

 

 

インスタだとコマ切れなので

こちらをまとめ読み用にしてみました。

 

お暇な時にでも

お楽しみいただけたら幸いです。

 

 

【2017年版】

 

(登場人物)

image

 

(カブキヨ死す)

 
 
 

(カブメ、カブシと強制再婚)
 





(クワタくんとの思い出)

こちらのみ過去にブログにまとめてました。image

『クワタくんの一生』

 
(オマケ)夏の朝の兄弟
 

【2018年版】

 

(序)

 



(元締めの苦悩)

 




(兜一族の羽化と招かれざる客)←最新

 
 
 
 
 
 
合間を見つけて描いているので
亀更新ですが悪しからず。
 
 
↓読者登録していただけたら嬉しいです♪↓
 
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Instagramでは

3兄弟の何気ない日々を

絵日記につづっています。

 

  LINEスタンプは3種類↓
{F287E435-D3F7-4256-869C-EA124DCAA816}
 
連載はコチラ↓↓↓
 
 {27C72B7F-42D7-49D8-9E21-F82AC5CAB948}
 

こんにちは。tomekkoです。

 

初めましての方はこちらからどうぞ

家族紹介

 
インスタの方で、フォロワー数が一定数に達したら
勝手に「記念pic」なるものを
描いているのですけども。
 
これは完全な自己満足企画で、
普段育児日記だけを描いているので
たまに息抜きに全然違った
テイストの絵だったりとか
過去の思い出なんかを描いてみたいなー
という思いから始まりました。
 
そんな中、意外にも(?)
この夏ご好評いただいたシリーズが
『カブクワ太平記』
 
 

【111,000(結果的に)記念pic】 遅くなっていつの間にかゾロ目記念になってましたが💦 . フォロワー数が単純に多ければ良いとは思いませんが、普段の育児ネタとはちょっと違う絵を描ける良い理由になっているので、キリの良い人数になると素直に嬉しいです😆 #thankyou #いつもありがとうございます #感謝 . そんなわけで、次の記念に絶対描こうとずっと温めていたネタ、それは我が家の昆虫事情です(^_^;) . 長男の趣味で我が家のベランダにはカブトムシ、クワガタムシがたくさんいますが、彼らを直視できないけどそれなりに愛着は持っているワタシがお伝えできるのは、擬人化することのみ(^_^;) . 羽化した様子や我が家に来た経緯から、ワタシが想像している彼らの戦国時代(カブト、クワガタに掛けて)の姿です。 #カブトムシ #クワガタ #戦国時代 . ちなみに命名は全て長男です。 . #生まれた時から満身創痍 がキャッチフレーズのカブさん、カブ次郎兄弟(妖怪ウォッチに引っ張られすぎ)は、羽化不全で上羽が変形、下羽がしまえずボロボロ… しまいにはカブさんのツノまで折れてしまいました(もうホントに直視できない) #それでもなんとか #今日も生きてます . #義経と静御前 風なカブキヨ、カブメ夫妻は、立派に羽化したオスの元に、裏山から遊びに来たところを人買い(よくマンションの子どもたちにカブトムシをくれる管理人さん←失礼)に捕まえられてイヤイヤ嫁にさせられた白拍子。 しかしその後カブキヨは若くして何故か死去。カブメ嬢は未亡人になりました。 . #異邦人 カブトリーヌはみんなと同じ国産カブトなのに、何故か1匹だけ洋風の名前をつけられたことに腹を立て(?)いつの間にか脱走。 その後お隣さんのベランダで発見されたものの、お山に帰されたそうです。 . #虎視眈眈 と #天下を狙う カブシくんは嫁の来手も無く存在感薄いので、ワタシの中では幼いうちに出家させられ山寺に入れられたイメージ。でもきっとカブキヨの死に伴い還俗して世に返り咲くことでしょう。なんとなくカブメの再婚先になりそうな予感… . そんなドロドロしたカブトムシ界の愛憎劇をよそに、 #コクワガタ のクワタ夫妻は #今日も平和です 。 . うちに来て3年目の夏を迎えた年齢不詳、もはや仙人のようなクワタくんに、初めての嫁が来ました。 . きっとクワタくんは新妻が可愛くてしょうがないことでしょう。 . ふーっ‼︎鎧兜があまりに難しくてめっちゃ時間かかった…(^_^;)でもなんか満足‼︎ 自己満足picにお付き合いいただきありがとうございましたー‼︎ . #イラスト #お絵かき #漫画 #カブクワ太平記

A post shared by tomekko (@tomekomet) on




ワタシ、虫が苦手です。
正直、ほとんどの虫は直視できない。
 
でも、男子の母となってしまい
長男3歳頃からいよいよ避けては通れぬ
昆虫道へ。


そこで、直視できない虫嫌い母さんが
健全な男子母をしていくために
どうにかして虫を擬人化して
そのストーリーを妄想すれば
それなりに楽しめるんじゃないか
と考えまして。

自分は世話しないくせに
勝手に壮大な戦国ロマンを
イメージしてたら
描きたくなっちゃって。

よく考えるとくだらないんですが
案外虫嫌い同志からの
高評価をいただき嬉しかったです。


で、時は遡り。
 
幸い3歳だった長男がハマった昆虫は
カブトムシ・クワガタムシ。

甲虫だったらまだしもOK。
でもやっぱり腹側は見せないで‼︎(切実)
 
そんな母をよそに
世界のカブトクワガタバトル!
みたいなDVDで満足してくれてたんですけども。
 
ついにその時がやってきたんですね。
 
{3E6C30F7-AA33-452F-AF2C-2739E370EB49}


 
そう、3年前のちょうど今頃。
その日は前日からの激しい雨と風で
田舎の我が家は裏の山から
葉っぱやら何やら
いろいろと共用廊下に
吹き込んでいました。
 
夕方ワタシが長男のお迎えに
玄関のドアを開けたところ。
 
 
鶴の恩返しみたいに
じっと玄関の前に立っていたコクワガタ
 
 
我が家のアイドル、クワタくんとの
長い付き合いの幕開けでした。
 
 
{B8BC61AA-2D6A-468A-B914-8187575E76A3}
うわー(長男喜んじゃうわ)と思いつつ
自分ではサワレナイので
素知らぬ顔で跨いでお迎えにいき
帰りにもまだいたら覚悟しようと
思っていたら。
 
やっぱりいる。
 
 
喜ぶ長男。
でもその頃はまだ彼も触れないんだった!

どうしても飼いたいという
長男のために、2人で
四苦八苦してとりあえずの
空き容器に誘い込んで
既にカブトムシを飼っていた
お友達の家にいろいろ分けてもらいに
駆け込みました。


そしてその週末、
本格的に飼育セットを揃え、
初めての昆虫との同居生活が
始まったのでした。


ちなみにクワタくんの命名は
ワタシの昔からの友達。
すごいしっくり来たのでそのまま拝借。


クワタくんは基本
いるかいないか
生きてんのか死んでんのかも
よく分かりません。

なぜか虫としては致命的な
お腹を出して寝る癖があり
(ホント見たくない)
エサを替えようとエサ台を取ると
無防備に寝ていて
お互い「キャッ!」となります。

で、ちょっとおっちょこちょい

よくエサ台の穴にハマって
すごい焦ってるのが
はたから見てても伝わるので
広口にしました。

と、そんな感じで1年目は
ワタシも恐る恐る様子を見ながら過ごし

というか、冬を迎えるまで
クワガタが越冬することも知らず💦

驚きとともに冬眠へ‼︎


そしてそのまま半年は
音信不通。

でも時々男子たちが
エサを変えたり霧吹きしたりして
エサ台の裏を覗くと
平和にお腹出して寝てたそうです。

そんなこんなで一冬、ふた冬乗り越え
なんか我が家では
既に仙人のような扱いに
なっていたクワタくん。

3年目の今年
初めてのお嫁さんが来ました。

{9C8CFA99-F6BC-48A5-B9FF-0B812E63EA14}
(イメージ)

いや実は、2年目にも
コクワガタのメスを見つけて
一緒にしてみたんですが。

相性悪かったのか
喧嘩しちゃってダメでした。

それが今年来たクワネちゃん
(長男命名)は
よほど相性が良かったらしく
歳いってからの若い嫁(?)に
メロメロなクワタくん。


夫によれば
エサ台を上げると2人仲良く
並んで寝てたりしたのだとか

{E9C9327A-8D5D-4669-B8D4-DBFC798308D1}
(イメージ)

そんな幸せな晩年を過ごし
一度も戦場に出ることもなく
今年の夏の終わり
クワタくんはその生涯を閉じました。

カブトムシほど手がかからない
(少食だしおとなしい)わりに
なんか分からないけど
家族みんなに愛されていたクワタくん。

ワタシですらなんとなく
「クワタくん死んじゃったー!」と
聞かされた時には
胸にぽっかりと穴が空いたような…

や、そこまでではないかな。

でもちょっと残念でした。

管理不足により卵も孵せず
クワタ家はお家断絶

ごめんねクワタくん。

でも幼虫のお世話が一番大変だから
(やるのは主に夫だけど)
(ワタシは遠目にすら見ないけど)
これで結果オーライかな。


そんな特に山もなくオチもない
クワタくんの一生でした。


長男の昆虫熱が今年あたりで
終わってくれるといいんですが。

将来の夢を聞くと
「世界の珍しいカブトやクワガタを
日本に連れて来て戦わせる人」

だそう。

それ、仕事じゃなくて趣味でやってくれ。 



カブクワ太平記はインスタから読めます↓
 
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 
 
LINEスタンプあります♪
 
連載はコチラ↓↓↓