livedoorBlog 公式ブロガー

男だらけ3兄弟育児のドタバタだけど愛しい日々や、ポンコツ母tomekkoの好きなものを詰め込んだ宝箱です。

絵本の話

ちょっと前にフォロワーさんから

「ニイチャンズの感想を聞いてみたい 」

と献本いただいた絵本。(PRじゃないよ)

F3F3C388-722B-47A1-92C2-B510DB7B8A7D


ぼくのしましまテッド
ヒーピー,テリーサ
NHK出版
2020-03-19

 

61D6BC4E-2444-4F2E-8627-48E153612F6E

読んだことありますか?『ビロードのうさぎ』

酒井駒子さんの描く美しく物哀しい絵とストーリーにラストは涙が止まりません。

ホルモンバランス崩れた産後や涙腺弱ってる母たちの心には刺さりすぎるから気をつけて!!
読む前に大きめのタオル用意ね!


ビロードのうさぎ
マージェリィ・W. ビアンコ
ブロンズ新社
2007-04-01

 
それはともかく、寝る前の絵本タイムに読んでみたところ。。。
9407549F-A1C4-450A-A3EB-501BD151BE2F
 このテッドの持ち主である「ぼく」の視点で、明るく無邪気にテッドとの思い出を語ります。

やんちゃな男の子の冒険や探検を一緒に楽しみ、どんどん汚れてボロボロになっていくテッドの姿はあくまでも楽しい雰囲気で、ニイチャンズはずっと笑っていました。

でも…

0DFDCF98-9929-4A47-B415-409C4AD8FC8A
原題の『LOVED TO BITS』は「どんなにボロボロになっても大好き」という表現だそう。

そのタイトル通り優しい、明るい結末です。

それなのにあんなに笑っていた長男は、読み終わる頃にはしん…としていました。 
ワタシもなぜか涙がうるうる。

なんでだろう?
2AB8B113-70EA-42F2-B4C0-3CE3E50DE7B3
うちの子どもたちは指しゃぶりが全員あったからか、絶対に手放せないほど欠かせないアイテムというのは無かったけれど、子どもってよくこういう宝物、持ってますよね。

大人から見ると汚くて臭くて不潔だから洗おうよ!ってなるんだけど、子どもにとってはそのままの手触り、臭いまで含めて自分だけのもの、という感じがして安心するんですよね。

それでも、その宝物を本当に成人するまで大事にし続ける人は、いると思うけど多くはないかも。
015886B7-475E-4EE6-834E-86AF45AB5EC3
 
正確には、「かなしい」んじゃなくて「せつない」気持ちなのかもしれない。

ボロボロでも汚くても大切にされ続けているテッド。

でも…

「ぼく」はいつまでテッドを愛し続けてくれるだろう?
あんなにもいつでも一緒にいて、たくさんの冒険をしたのに、やっぱりいつかは忘れ去られどこかへいってしまうんだろうか…?

そんな、この本の結末のその先に想いを馳せると、なんとも言えない気持ちになるのかもな。

次男はまだわかっていない様子だったけれど、長男はうまく言葉にはできないものの、心にもやもやっとした切なさを感じたのかもしれないな。

ちょっと今までにない感じの絵本でした。

対象年齢はどうだろう?年長さんくらいからなら一緒に考えられるかも。
次男はテッドの冒険シーンを純粋に楽しんでいました。

気になる方は読んでみてくださいね。

おすすめ絵本など

LINEで更新通知が受け取れます



 

こんにちは。tomekkoです。

 

5歳のおっとり長男と

1歳のもっちり次男

じゃがいものような夫の

男系家族の日々をinstagramに

絵日記でつづっています。

 

初めましての方はこちらからどうぞ

家族紹介

 
 
絵本があまり好きではない次男を
ターゲットにして
絵本を楽しんでもらえるように
試行錯誤した結果をシェアする記事
第三弾
 
 
 
今回は、絵本自体の仕掛けに頼らず
今おうちにある絵本でも
楽しませるワザ・・・
 
というよりは、母の努力(笑)
 
前回までの体験型・参加型絵本でも分かったように
 
参加できる
自分でもやってみられる
 
ってじっと座ってお話を聞くのが
苦痛と感じる月齢やタイプの子には
楽しさを感じてもらいやすくて
有効だと分かりました。
 
そこでやってみたのが
 
●セルフ劇場型読み聞かせ
 
どういうことかと言いますと…
 
 
普通の絵本を
淡々と読み聞かせるのではなく
 
3Dシアターのように
動きをつけて読むのです。
 
これをやるためには、
選ぶ絵本も重要。
 
うちの次男になぜかヒットしたのは
 
『きょうりゅうのたまご』なかがわちひろ

 

 

これ、もともと長男の絵本で

1歳の次男は対象年齢じゃないので

あくまでもたまたま気に入ってしまった絵本です。

 

1歳の子には少し長いですし

他のお子さんのご参考には

ならないかもしれませんが…

 

これが何故劇場型で次男にヒットしたかと言うと

 

大きな恐竜が出てきて

読み手はダイナミックな動きができる!

 

 
というのがポイントでした。
 
恐竜がどすーんどすーん!と歩く様子は
膝に次男を乗せて一緒に揺れてみたり
 
水が噴き出すシーンでは
「うひゃー‼」というセリフに合わせて
絵本をバサバサと振って勢いを演出したり
 
これで次男はキャッキャと喜び
 
それからというもの、
ほぼ毎日この絵本を読めと
持ってくるようになりました。
 
 
{3AC28DC8-B9F9-4074-BFB5-87538241C456}

長男が読み聞かせることも。
 
 
他にも
 
『せっけんつるりん』今井弓子

 

 

これも飛び出したせっけんを
追いかけていく話なので
動きをつけながらワイワイ読めますね。
 
まだコレはちょっと次男には
響いていないようですが
長男が気に入っているので
時々読んでいます。
 
 
そして最近、我が家的大ヒット
記録した絵本がコチラ‼
 

『おかしなおつかい』ささがわいさむ、荻原ゆか 

 

 

コレ、長男も次男も初めて読んだ時から

二人で笑い転げて

楽しすぎて眠れなくなるぐらい(笑)

どハマリしました。

 

言葉を覚え始めの幼児ならではの

『言いまつがい』が満載で

読みながら一緒に

くすぐったり転がったり。

 

おかしくて楽しくて

読んでもらうのがデフォルトの

長男でしたが

これは勝手に自分で読んでは

クスクス笑っています。

 
 
まだまだ我が家も
劇場型に使えそうな絵本を
探しているところですが
 
体験型・参加型
もしくは仕掛け絵本などで
ちょっと絵本に興味を持ち始めたら
劇場型もぜひやってみてくださいね。
 
めっちゃ疲れますけどね‼
↑その後寝落ち必至
 
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 
 
LINEスタンプあります♪
 
連載はコチラ↓↓↓
 
 
 
 
 

こんにちは。tomekkoです。

 

5歳のおっとり長男と

1歳のもっちり次男

じゃがいものような夫の

男系家族の日々をinstagramに

絵日記でつづっています。

 

初めましての方はこちらからどうぞ

家族紹介

 
 
前回から時間が空いてしまいましたが
絵本があまり好きではない次男を
ターゲットにして
絵本を楽しんでもらえるように
試行錯誤した結果をシェアする記事
第二弾
 
 
あの、重ね重ねになりますが、
別に子どもが絵本好きじゃないと
いけないと思ってはいないんです。
 
我が家は長男が絵本好きなので
そこに付き合わせたいだけ
というのが本音(;^_^A
 
 
前回に続き、試してみたのは
 
●体験型・参加型絵本
『ぜったいにおしちゃダメ?』ビル・コッター

 

 

『おててを ぽん』ささがわ いさむ (著), 天明 幸子 (イラスト)

 

 

この二つは、以前出版社さんと
友人の編集者さんから
プレゼントしていただいた本です。
 
読んでみた時の様子は
以前インスタでpostしたんですが
 
 

同じ絵本読んでても全く反応の違う兄弟。それが今回ホント分かりやすくて笑えました。 . サンクチュアリ出版( @sanctuary_books )からプレゼントしていただいた新作絵本『ぜったいにおしちゃダメ?』 . 子どもたち大ウケです。 このボタン、なんだかめっちゃ押したくなります。なんだろう、色?ちょっと凹凸のある印刷の効果? . で、「押しちゃダメ」というルールを読み上げてるそばからダイビングプッシュしまくる次男。 #ダイビングプッシュ #突き指しそう #恐れを知らない #ルールは破るためにある #ページめくるたびに押す 対して、「押してみていいよ」という誘導にも決して揺るがず押さない長男。 #ビビってるとも言う #相変わらず律儀 #慎重派 #決まりは決まりですから #例外は無い #お役所か . もちろん次男はまだルールがわからないと言うのはあるんですが、この子は分かっててもやるタイプ(^_^;) . 実はこの本の出版イベントにご招待いただいてたのに、当日自分の体調が思わしくなく、伺えなかったんです😭 twitterで昔からフォローさせていただいてるてぃ先生にお会いできるチャンスだったのに残念… でも、わざわざ後日絵本を送っていただき、ありがとうございました‼︎ 今回特に頼まれたわけではないのでPRではありませんが、リアルに性格の差が見えて面白かったので描かせていただきました♪ * * 昨日も水責めpicにたくさんのいいね!コメントありがとうございました‼︎ . コメント見てて今更慌てたんですが、本当に熱いものでなくてよかった💦 夏場は汁物作るの避けてたりお茶も冷たいのばかりで、コーヒーだって子どもたちいるときにはゆっくり飲めやしないし、熱いものが乗ってることが少なかったんです。 でもこれから寒くなってきたらますます危ないですね‼︎届く場所もどんどん増えてくるし、手段も…(なんならもうテーブルに乗れてしまう←ワタシは激怒してるつもりですが本人はコレやると必ず構ってもらえるので退屈するとすぐ登ろうとします…😰) 皆さまありがとうございます‼︎き、気をつけよう💦 . そして…ん?昨夜のZEROに出たんですか⁉︎え、何も聞いてないし見逃したぁーーーーΣ(゚д゚lll) インスタ絵日記がテーマだったんですか?見られた方内容教えていただけたら嬉しいです!せっかく起きてたのにざんねーん(ㆀ˘・з・˘) . #ほぼ日手帳 #成長記録 #子育て #育児日記 #絵日記 #イラスト #長男 #5歳 #次男 #1歳6ヶ月 #男の子 #兄弟育児 #育児あるある #元ビッグベビーの会

A post shared by tomekko (@tomekomet) on




 
とにかく反応が良かった!
 
もう、ぐいぐい来ました
 
参加できる
自分でもやってみられる
 
って、興味を持つきっかけとして
すごく良いなと思った2冊でした。
 
前回の『おもしろい音の出る本』と同様に
物語を静かに聞く、見る
という状態って、
たいていの(ワンパクな)子どもにとって
苦痛なわけで。
 
初めての赤ちゃん絵本として
推奨されている
松谷みよ子さん監修の
シリーズだって
相当読み手が工夫して
興味を持たせないと
なかなか難しいですよ、実際。
 
長男の頃は
こういう昔ながらの名作選を中心に
熱心に読み聞かせていましたが
 
今思えば
それを大人しく受け入れていた
長男の方が、ちょっと特殊。
 
もう少し手荒な真似をしない
年齢になったら
(そんな日は来るのか?)
 
仕掛け絵本なんかも
喜びそう。
(今は引っ張られてビリビリに
なるのが見えてるので
しまい込んでます…)
 
仕掛け…というほどではないけど
パペット付きの絵本
すっごく喜びますね。
 

『ふわふわうさちゃん』エマ ゴールドホーク、 ジョナサン ランバート

これはもともと

長男の赤ちゃん時代に

買っていたものですが



{6855F80D-8AB1-4560-A4B0-1B5037E29664}


 

寝る前のひと時に

こういう手触りの柔らかいものに

触れるって大人でも

気持ちいいですもんね。

 

長男はどうにかして

このうさちゃんと一緒に寝よう

四苦八苦していた記憶がありますw

 

{C92A2C66-C68A-4BC8-A191-E356D5A77022}

 

次回は、絵本側の仕掛けに

頼らず普通の絵本で楽しませる

苦行(笑)の方法を

ご紹介します。

 
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 
 
LINEスタンプあります♪
 
連載はコチラ↓↓↓
 
 
 
 
 

こんにちは。tomekkoです。

 

5歳のおっとり長男と

1歳のもっちり次男

じゃがいものような夫の

男系家族の日々をinstagramに

絵日記でつづっています。

 

初めましての方はこちらからどうぞ

家族紹介

 
 
昨日更新されたウーマンエキサイトの連載
第7話
{38AEE2B4-B07E-4703-B401-53EE7508EDDA}

 
今回は、長男とは真逆で
絵本に全く興味の無かった次男に
絵本の楽しさを知ってほしいと
試行錯誤したお話です。
 
別に絵本が好きじゃなきゃいけない理由なんかないって
実はもう分かってるんですけどね(;´・ω・)
 
ワタシ自身は幼い頃から
たくさん読み聞かせをしてもらって
そのうちに自分で読みたくなって
勝手に文字を覚えたり読めるようになっていたと
母からも聞いていたり
自分でもそんな記憶があったりで
 
なんとなく
我が子にも本好きになってもらいたいな
情操教育にも良いと聞くし。。。
 
という思いで
長男には生まれてすぐから
熱心に読み聞かせをしていました。
 
たまたま長男は大人しく
絵本を楽しめるタイプだったので
しめしめと思っていたんですが
 
結論先に言っときますと
 
長男は、絵本によって
特別字を早く覚えたりだとか
自分でスラスラ読めるようになったりだとか
 
一切ありませんでした(涙)
 
長男にとっては、絵本は
『読んでもらうもの』
 
という認識になっていたようです(;^_^A
 
 
前置きが長くなりましたが、
そんなわけで
特に子育てに絵本を!とか
強く奨めるものではないんですが
 
我が家は長男に合わせて
夜入眠前の儀式として
絵本の読み聞かせが習慣化していたので
 
次男にもどうか
 
邪魔しないでー
破らないでー
投げないでー
(切実)
 
できれば一緒に楽しんでくれたらなぁ
 
そんな思いがあったわけです。
 
その方法については
連載の方をご一読いただければ
と思うんですが
 
そこで載せた絵本を
詳しく紹介してみたいと思います。
 
じっくり紹介してみたら
ちょっとどころじゃなく長くなってしまったので
シリーズにしますね💦
 

 

●おもしろい音がいっぱいの本

 

『まんまんぱっ!』長野麻子/長野ヒデ子

 

絵本作家の長野ヒデ子さんには

ある本のイベントでがきっかけで出会い

今も交流させていただいています。

 

長野さんの絵本への思いを聞いて

それまで頑なに

「名作を読ませなければ」

「ためになる本を」

なんて思っていたのが

バカらしくなって

 

ああ、お母さん自身が

楽しいと思える絵本でいいんだ

時にはお母さんのための絵本だって

子どもと一緒に読めばいいんだ

 

ととても気持ちが楽になりました。

 

そんな長野さん親子が

赤ちゃんが好きな音ばかりを

集めて作った絵本がこちらです。

 

他の絵本には一切興味を示さなかった次男でも

0歳の頃からこれだけは大当たりで
キャッキャ笑っていました。
 
ちなみに
長野ヒデ子さんの代表作
『おかあさんがおかあさんになった日』

 

 

以前赤すぐの連載でも紹介しましたが

これはすべてのお母さんにお勧めしたいです。

 

次男が生まれた後

寂しい思いをさせてしまった長男に

何度も読んで

「お母さんをお母さんにしてくれたのは

長男だよ。ありがとう」

と言いました。

 

1歳の次男にはまだ到底早いんですが

何故か彼も最近この本が

お気に入りで何度も持ってきます。

 

長野さんが仰っていた

 

「こどもってね、命が生まれる話が好きなのよ。

お話を通して、自分が生まれる追体験を

してるの。自分は生まれてきて良い

存在だって確認してるのね」

 

という言葉を思い出して

ジーンとしました。

 
確かに
赤ちゃんが生まれるシーンのページ
何度も食い入るように見て
何かブツブツ言っています。
 
次男も1歳なりに思うところがあるようですが
 
アナタ頭でかすぎて
なかなか出なくて
お母さんの形相は
こんなもんじゃなかったと思う。。。
 
その2へ続きます~。
 
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 
 
LINEスタンプあります♪
 
連載はコチラ↓↓↓