livedoorBlog 公式ブロガー

男だらけ3兄弟育児のドタバタだけど愛しい日々や、ポンコツ母tomekkoの好きなものを詰め込んだ宝箱です。

タグ:実況










話の途中でまたまた脱線で申し訳ないのですが、今日ちょっと描けなかったので以前描いたものの、他の裏話が好評だったので出す場がなくなっちまったこぼれ話を。


夫に何度説明してもらってもルールがわからなかったワタシ。(まだ子どもたちが野球にハマる前ね)



何が分からないのか聞かれたときの思いをまとめました。

F3146EB1-EF12-40B5-9415-9AEEE9B85241

分かる、分かるよ?
戦時中は英語が禁止だったから止むを得ず日本語で用語を作った。うんうん知ってる。

でもさ、もうどっちかで良くない?
表示するのに日本語の方が短くわかりやすく伝えられるっていうのもわかるんだけど…

どうしてもここ、ルールを覚える上でのハードルにはなりますね。

920DD2DF-B399-42B5-A418-4719A72FD770

でも、攻撃と守りなんて別に野球に限らずいろんなスポーツで使われてるじゃないか、というツッコミもわかります。

でも、サッカーとかバスケとかみたいにどっち(一方向)に攻めるって話じゃないので、正直見ているとなぜか投げてる方が攻撃のような感じがしてくるんです。
この気持ち、誰か共感してしてくれるだろうか…?


4227D44C-4593-4216-8F5D-D86D4A185F7D

たぶん、わかりにくいのにはこれ↑もある気がする。

ポジションによって人の動きが全然違くないですか?

何かを守っているとは思えないほどジッとしてる人とか(ゴメンナサイ、でも本当に当時はそう思ってた)そうかと思えば突然猛ダッシュしてドロッドロになったりとか。

ピッチャーも、何度も投げててこっちからは全部同じように見えるんですがボールだのファウルだの言っていつまでも状況が変わらない感じとか。

緩急がありすぎて感情がついていかないというか、当時はどんなテンションで見ていればいいのかわかりませんでした。

C9A6AF80-1CFF-4434-885F-5375458303CF

日本史オタクで司馬遼太郎マニアが知る唯一の野球の知識は正岡子規の話ぐらいなもんで。

野球への興味がカケラも無かった大昔に読んだ『坂の上の雲』で確か

「野球というスポーツはとかく日本人の性格に合っているようである」

とあって、その時は「どこがじゃ」と思っていたのですが、今は何となくわかる。。。


ちなみに歴史関係の知識は極端に少ない夫は「まさおか?誰?」でした。。。


柿でも食って出直したまえ。



最初から読む↓

 

インスタグラムはこちら


LINEで更新通知が受け取れます


 

 




更新遅くなりましたー。

続きです。
7ED68647-CF6E-4A64-A12E-10CF7BB696F8

勝手に改名している3歳児の姿が。

名前を呼ぶとすかさず訂正されます。

この時はまだテレビに映っていた彼らを中学生だと思い込んでいたので、本人が言う通り

「中学生の西山くん」

と呼ばないと振り向いてももらえない。

なぜ中学生かというと、家の近くの中学校の野球部の練習を時々見かけることがあり、「中学生のお兄さんだね」と言っていたから。と思われる。


その時は「まぁ場内アナウンスで聞いたんだろうねー」と流してしまい誰なのかを調べたりはしなかったんですが…


65AF6672-69F7-4033-84F0-65F41BB1737B
EEA50929-ED59-4907-B723-36260FA83975

フォロワーさんみんな優しい…そして中には高校野球に通じている方もいて、何名かの方が教えてくれました…!!

星稜高校の試合を見ていたと義母が言っていたので、多分そうかな?と思い次男に見せてみると…

33267AF9-BFF5-4661-84AA-57D29A188194
DC351E11-2D29-43DD-A593-8F10171E28EF


正解でした!!

ただ単にアナウンスで聞きかじった名前を適当に言ってたんじゃなくて、本当に彼のプレーを見てカッコいいと憧れをもったんだぁ…⁉︎と分かってびっくり。

しかもこの時は当然ながら野球のルールも何も分かってないんですが、そんな3歳児の目にも、数いる選手たちの中でダントツに輝いていたんですね。


今回お名前やお顔を出すことについてはいろいろ考えましたが、ワタシなんぞがお伝えしなくても1年生の頃から甲子園にも出場しているとても有名な選手で各種高校野球関係のサイトでも選手名鑑に載っている方だったので描かせていただきました。

情報は主に『高校野球ドットコム』さまの内容を参考にさせていただいています。
(調べれば調べるほどものすごい選手だと分かって震えました…!!)

また肖像権侵害を考慮して似顔絵描かせていただきましたがあんまり似てなくてごめんなさい!


そして…インスタで普段から見てくださってる方はきっと思っているはず。

「おや…次男くんは大阪桐蔭ファンだったのでは…?」

そう、次男が個人として好きなのは内山選手。

チームとして好きなのは大阪桐蔭(星稜は長男が好き)。

大阪桐蔭が次男の憧れの的になるのは、もう少し先の話なんです。。。



次回は、ちょっと時系列的には飛びますがこの件について後々家族みんなで見て驚いたこと。



最初から読む↓

 

インスタグラムはこちら


LINEで更新通知が受け取れます


 

 




続きです。

帰宅すると…
27EBFE87-8591-48F0-AD12-AC2BABA048C2
45CDD4FA-2E62-46F2-8C7C-614E0DEAD83C



次男は背中に大きく6の数字と、なぜか「西山」と謎の名前入り背番号をつけて走ってきました。

そして靴下の中にズボンの裾をイン!

センバツ中継を見て沼にドボンした次男、とにかく形から入って細かいところを真似したがる性格です。

ユニフォーム姿の高校生たちの背中がカッコいい、と思ったんでしょうね。

背番号をつけろとねだられ、義母が取り急ぎその辺にあった厚手の紙に書いて背中に貼ると上機嫌だったそうです。

0D22A4AF-02B9-48F5-9CC7-88A5E9B2F609

突然のどハマりにその場にいた全員がザワつきましたよね。

義母もまさかここまで一気にハマるとは思わずちょっとびっくりしていました。

ここから坂を転げるように(!?)高校野球にのめり込んでいく次男ですが、まだこの時点では「高校生」というステイタスの存在を知らないので、彼の中で一番お兄さんな「中学生」だと思っています。


そしてこの話を投稿したのが改元が発表された翌日の2019年4月2日。
61D4FEB9-5B6C-42C0-8A14-BC50EFF03389

その結果わかったことは…

続きます。



最初から読む↓

 

インスタグラムはこちら


LINEで更新通知が受け取れます


 

 



続きです。

やっと話が本題に戻りまして。。。

1C2F7757-A6FC-4D07-9B7F-BDFA55A6FD3E

長期休み×〆切ギチギチ期間は今の自粛中に近い状態。
子どもたちが家にいる中で仕事を進める…という無理ゲーなので、義母(神)にお願いしてしばらく滞在して手伝ってもらっていました。

現在はこれがお願いできない中で、つくづくありがたみを実感しています。

ワンオペ3兄弟育児で一番困るのが習い事の付き添い。
次男が3歳なりたてぐらいだったので、そろばんの付き添いに困っていました。

何度伝えても静かにしていられずお兄ちゃんのところに行ってしまうし、集中して静かにやるものだからすごく周りにも迷惑かけて肩身が狭い…

そのため、一緒にいくお友達のご厚意で長男を連れて行ってもらったり、夫が休みの日に振り替えて連れて行ったりしていました。

次男だって連れて行かれたところで静かにしてろと言われてもストレスだっただろうし、大好きなおばあちゃんと一緒にお留守番をしてもらうことに。

B1E152BD-82BA-4F02-94D1-51C605520019

その時、歴史は動いた…!!(大げさですが我が家的にはすごい瞬間なの)
CE8EDF41-9FB4-4037-B8C1-8F83E7702F14
B891E487-850F-4039-9DB8-AD39E26872C1

ワタシ不在だったので想像だけど、たぶんこんな感じで一瞬にして沼にハマったものと思われます。

ふだん家では絶対つけることのないチャンネル。
野球に慣れ親しんだお義母さんがいなかったら一生出会うことは無かったでしょう。

それまでは兄の好きな新幹線になんとなくハマっていた次男ですが、ワタシたちが帰宅する頃には(ある意味)別人になってしまっていたのでした…w




最初から読む↓

 

インスタグラムはこちら


LINEで更新通知が受け取れます


 

 




ちょっと脱線しましたが本題に戻ります。

野球との関係性でいえばかすりもせずに大人になったワタシと、むしろがっつりめな環境で育ったものの親の期待とは裏腹にサッカー派に育った夫は、結婚しても当然ながら野球とは無縁の生活。

一度もテレビで野球を観戦したことはなく、スポーツを観るとしてもサッカーW杯くらい。
夫はJリーグの試合も録画したり携帯で観たりしていた模様。

08AB803B-CBB7-46D6-ABF0-0AA13DCF75C7

でもまぁ一緒に見ててもこんな感じなので面白くはなかったでしょうな。。。

そんな我が家に転機が来たのは、出産後の夏。

10BC14EC-52B0-4760-80AB-30B1FE59589A
実際には長男出産以降、若者(特に男子学生)がスポーツや芸術に熱中し青春してる姿に涙腺が緩みやすくなり、それまでも見かけたら勝手にジーンとしていた高校野球のダイジェストでは号泣するように。

DE35747A-96D2-4766-B509-479F94D8ABFA

当然ルールは全くわからないので、何がどう惜しくてどこが悔しかったのかは分かりません。

打ったらどっちに走るかなんて関係ないんだ!

ただただ真白なユニフォームを泥だらけにして、日に焼けた頬に涙を光らせている姿に胸を打たれているだけなんだ!!

E52C66CF-BCB9-4AB8-80DA-334B746E1CE0

そんなワタシに業を煮やした夫が、その日たまたま夕飯にとった宅配ピザの箱裏にせっせと書いて説明してくれましたが…

ねぇ…?

やっぱり何度聞いても覚えられず、日本語のはずなのに何故か何を言ってるのかさえわからない。

そんなこんなで

夏になると高校野球ダイジェストで泣く

夫がピザの箱裏に書いて説明する(なぜか説明したい時にはピザをとっている)

2つずつくらいだけルールを覚えた(ふりをする)

というくだりを恒例行事のようにやってる夫婦です。(夫よごめん) 



最初から読む↓

 

インスタグラムはこちら


LINEで更新通知が受け取れます


 













 

シリーズの続きですが、前回の記事で脱線した話への反応が楽しかったので…



BBF7C5F8-DC9E-47AB-B136-2CDEE33E133A

すいません、誰も興味無いかもしれないけど、自分の思い出にもちょっと特殊なやつがあったので描いていいですかいいですよね描きますね。

E3BB87E1-9C92-4311-A411-50D4A41F4C17
2B3435E7-DFB3-4552-AE03-763D9D84E68D
5FC28346-E745-45E8-81CA-321DC708D221

幼稚園に行くまでは終日、小学校低学年までは下校後や夏休みなどは基本会社にいました。
勉強机は自宅ではなく、会社に社員さんたちと並んで自分のデスクがあって。

そこでいつもお絵描きをしたり1人遊びをしたり、お店の方に行って接客を手伝ってるつもりの邪魔をしたり、薄暗い倉庫で秘密基地ごっこをしていたり…

で、そんな中でやらかしたいたずらで記憶にあるのがコレです。

メモ用紙に一つずつハンコを押していって、ご丁寧に封筒に入れてパートさんや社員さんに配ったと思う。

うちは主に冠婚葬祭の贈答品を扱っていたので、熨斗とかに押すような薄墨の『志』とか受け取った方には本当に申し訳ない。(逆に「寿」を受け取ってる人もいたはず)


そしてもう一つは、今でも会うと必ずされる話。。。

0A77D3A5-DBCA-49A6-819A-5724161C7E47
B9C38F09-009D-48E2-82CD-CF87DEC2AB69

親がお客さんと話してるのをそばで聞いていたので、お店屋さんといえば法人取引しか知らなかった幼児がこちらです。

手形って普通に暮らしてると馴染みが無いと思うのですが、この場合『約束手形』という有価証券ってやつですね。

ちなみにこのおじさんおばさん、結婚が決まって夫を紹介した時にもこの話をされて

「だからとめちゃんは家計もしっかり管理できるから!」

みたいなフォロー(?)をしてくれたけど、今や家計簿一つもアプリの助け無しでは管理できない数字に弱いおばさんに育ったとは思ってもいないだろうな…


今、コロナの影響で一日中未就学児を家で見ながら仕事する生活が2ヶ月目に入っていて…

つくづく思うけど、あの頃の自分って

親の仕事の邪魔しかしてなかった!!

まぁ子どもってそういうもんだからしょうがないんだけど…

親になってみて本当実感してます。。。


脱線続きでごめんなさい。

次はさすがに話進めます(汗)

最初から読む↓


インスタグラムはこちら


LINEで更新通知が受け取れます







 





続きですが、ちょっと脱線。

昨年の夏の甲子園を義実家でみんなで観ていた時に目の当たりにしたプロの技がすごかった話。

68FA37AD-E8E1-4084-B21B-CABA8EE350F2


実況の内容はなんとなくなので間違ってたらスルーしてください(未だにルールもよくわかってない)

試合は観たいけどお料理で手が離せない時、プロの口を借りてラジオのように聴けるなんて、家族ならではの贅沢!!

そして普段は穏やかで陽気なおじいちゃんですが、スイッチが入ると早口なのに聞き取りやすく分かりやすい実況に引き込まれます。

なんて良いことばっかり言ってると、家族としては特殊な職種ならではの苦い思い出もあるそうで…


612CBD4A-B2F9-4A8F-AA4E-BCA1735A72D7
B6886467-166E-4500-B9DC-651D45DB13EB

音読はなんとなく想像つきますね(笑)
長男が何度かおじいちゃんに音読の宿題見てもらいましたが、生気を抜かれて戻ってきました…

競馬の中継は帽子とユニフォームの色や柄を徹底的に暗記して臨むそうな。
馬の名前ってめちゃくちゃ長いカタカナ名だからワタシなら絶対に覚えられない…

親の仕事ならではの影響ってきっといろいろありますよね。
わが家も自営業だったので、よく作業系の仕事を手伝わされてたりしましたね。。。

と脱線しましたが、そんな背景を持つ夫も大人になる頃には野球との関わりは1mmも無くなりました。

次回は『ワタシと夫と甲子園』。

なかなか子どもの話にならなくてすみません。


インスタグラムはこちら


LINEで更新通知が受け取れます